外国人を採用する時の注意点|AKIA LEGAL SUPPORT行政書士事務所は外国人の採用に関するサポートを行っております。

AKIA LEGAL SUPPORT行政書士事務所
1つのメールで、人を結び、世界と繋がる〜各専門家によるワンストップサービス〜

FAQ

外国人を採用する時の注意点は?

経費を抑えたいということもありますが、最近では人材が欲しくて急に募集しても、なかなかこちらが欲しい人材が見つからないし、時間をかけて新入社員を正規に募集しても、以前のように優秀な人材どころか、人数を揃えることも難しくなってきています。
今後は労働者が就職先を選ぶ時代がくると言われているので、早めに対策をしなければいけないと思い、外国人の採用を考えています。
これまでワーキングホリデーで来た外国人を短期間アルバイトで雇ったことはありますが、正社員も含めて募集をかけるのははじめてなので、万一法律に背くようなことがあればいけないと思い、質問させていただきます。
外国人を採用する場合に必要なことと、注意点を教えてください。

answer

採用前の「採用計画」が最も大切になります。

大前提として、外国人の報酬は「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上」でなければいけませんので、経費を抑える目的を含む外国人の採用は難しいかと存じます。
また、採用前の「外国人採用計画」を作成するなどして、お任せする予定のお仕事で就労ビザが取れる内容なのか、外国人を採用する環境は整っているのかなども検討する必要がございます。
採用する企業側が、外国人にお願いする業務が法律に定められた要件に満たしている内容であるのかなど事前に確認せず採用した結果、ビザの許可が取れず、採用までの労力、費用が台無しになってしまいます。
また、環境を整えることで、優秀な外国人を企業へ定着させる可能性が高くなります。
外国人は、ビザ申請をした内容で取得した就労ビザの範囲内でのみ活動することができますので(就労制限のない資格を除く)、許可されたお仕事は「資格外活動許可」を取得しない限りすることが出来ません。
外国人1人に1つの在留資格と決められておりますので、いくつかの就労内容のビザを持つことは出来ません。
既に滞在中の外国人は「在留カード」でどのようなお仕事が可能な資格で滞在しているのか、在留期限は切れていないか。など必ず確認の上、採用検討をすることをおすすめ致します。

PageTop