横浜で、在留資格に関するお手続きのことならAKIA LEGAL SUPPORTにお任せください。

AKIA LEGAL SUPPORT行政書士事務所

外国人在留資格

横浜で外国人を雇用したいとお考えの経営者様も多いと思われますが、日本で外国人を働かせるには、入管法で定められた「在留資格」が必要になります。
そのため、在留資格はもちろんのこと、雇用主はその期間についても事前に確認しなければいけません。
在留資格には、資格ごとに就ける仕事も決まっています。外国人が日本で就労活動するためには、一定の知識の他にも、技術や技能をもっていなければいけなくて、外国人に働いてもらうためには、在留資格として、入国管理局で就労ビザを取得する必要があります。

横浜の外国人在留資格

就労ビザには「技術・人文知識・国際業務」「経営・管理」「特定技能」などいくつかの種類があって、指定された職種の範囲内で、定められた在留期間内での就労が認められています。したがって、日本で働く外国人は、在留資格の新規取得の他、他の職業に就く場合は資格の変更、期間を延長して働く場合は期間更新などを必ず行わなければいけません。
当所では、在留資格の「新規取得」「変更申請」「更新申請」のすべてのお手続きのお手伝いをさせていただきます。
その他にも、外国人雇用全般に関するサポートを専門に行っているので、外国人採用のことなら何なりとご相談ください。

FAQ一覧

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格業務
「技術・人文知識・国際業務」在留資格取得の審査項目
「高度専門職」の在留資格内容
「高度専門職」の在留資格の優遇措置
「経営・管理」の在留資格とは
就労資格保持の外国人家族の在留資格
「特定技能」の在留資格
在留資格変更の手続中に在留期限切れ
転職外国人の在留資格変更の有無確認方法
在留資格(ビザ)が取り消されるケース
一定期間の単純労働業務で在留資格取得
外食産業「特定技能」の在留資格取得試験
特定技能の在留資格に関する「二国間協力覚書」
外国人と業務委託契約をする際の在留資格(ビザ)について
外国人を雇用する時の在留資格
外国人料理人雇用の在留資格と条件
フルタイム従業員で採用する場合の在留資格取得
宿泊業雇用で「特定技能」在留資格取得の条件
外国人を派遣社員として雇用する場合の在留資格
高度専門職の在留資格(ビザ)を保有している外国人の中途採用
在留カードに記載の情報内容
偽造在留カードの見分け方法
海外支社の外国人を日本の本社で勤務させる方法
外国人従業員の海外出張手続きについて
外国人従業員の永住権取得申請
永住権取得の条件と審査
在留カードの受取りと住居地の届け出先
漢字で名前を在留カードに併記
就職活動の特定活動
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策
新型コロナウィルス対策特例措置アップデート
在留許可申請が不許可になった場合の対応
ビザと在留資格の違い

PageTop